輪郭が汚くなるの!?

唇に出来る黒ずみに多いのが、唇の輪郭に沿うようにできる黒ずみです。リップライナーでなぞったような独特な色素沈着なので、気になっている人も多いでしょう。実はこのタイプの黒ずみは唇のメイクが原因なので、女性がなりやすいんですよね。

メイク落としに注意して!

でも、唇だけメイクをしない状態では不自然ですし、グロスや口紅を塗っている人すべてが輪郭が黒ずんでいるわけではありません。黒ずみができる人とそうではない人との間には違いがあるはずです。その違いの正体が、メイク落としのやり方です。通常、メイクはクレンジング剤を用いて落としますが、唇のメイクはクレンジングを使わずにティッシュペーパーで拭う方法で落としている人がいます。この時、唇には強い摩擦による刺激が加わっている状態です。この強い摩擦をメイクのたびに繰り返すことで、輪郭上の色素沈着が出来上がってしまいます。

輪郭が出来てしまったら

唇の皮膚も約三日周期でターンオーバーが起こっています。皮膚の新陳代謝を繰り返すことで少しずつ薄くなっていきますが、同じ刺激を与え続けていては薄くなるのは難しいでしょう。まずやるべきなのは、唇を強くこすってメイクを落とすやり方を改めることです。ジェルやクリームを使い、優しくなでるようにメイクを落としていきます。口紅選びをする時に気を付けたいのは、タールを使っているかどうかという点です。タールは紫外線を吸収する作用があるので、色素沈着を進めてしまう恐れがあります。新商品を買いたくなったら、タール入りかチェックしましょうね。

品川美容外科の訴訟について詳しく